ここで作られる連作式の短編映画は、
大規模な劇場公開作品とは
少し雰囲気が異なるかもしれません。
まず ”世界”があり、”生活”があって、
そこに生きる ”登場人物”の息遣いが聞こえ、
喜び、悲しみ、怒り、驚き、恐れ、嫌悪…
様々な”感情”が交錯する時、
自ずと”物語”が紡ぎ出されていきます。
その”物語”を具現化するために、
フィルムフォーマットに
可能性を見出しています。
デジタルシネマの普及により、
フィルム撮影の敷居が
一層高くなりつつありますが、
現像液との化学反応から生まれる
独特な色調や、フォーカスの甘さ、
フリッカーや粒子の揺れが、
まるで呼吸する絵画のような
奇妙なリアリティを纏い、
観る人の感覚に直接訴えることができる
原始的で魅惑的な映像表現だと思います。
もし、スクリーンに映し出された映像の
それ自体が誰かの”記憶”や”夢”だとしたら、
一体それは誰が見ているのか?
その謎を追いかけた先に、
各エピソードのテーマとは別の ”何か”が
浮かび上がる作品集になると考えています。

制作環境として現状を考えてみますと、
1本の作品に掛けられるコストは、
せいぜい20分から30分が限界です。
アニメのテレビシリーズなら
一話分程度の短い時間に、登場人物の背景と
物語を作品世界に詰め込んでいます。
通常、脚本を書いてからロケハンをして、
キャスティングなどを経て制作が進みますが、
私たちは、まず画にしたい舞台を手に入る事が
出来て初めて、レンズを揃え、
どの種類のフィルムに捉えるかを決め、
次に配役が決まった段階で、
物語を書いて行きます。
制作する上で特に大切にしているのは、
“スクリーンに映し出された画が動いて見える”
という映像の原点への純粋な眼差しを忘れず、
娯楽性と芸術性の両立を目指して行く事です。