<物語>

とある郊外の公営住宅。
会社員のお父さん。パートタイマーで働く
お母さん。4歳の妹ナホと小学三年生の
ユウナの4人家族が住んでいました。
ある朝、起きてきたユウナは
お母さんに誘われて、生まれて
はじめてお弁当作りに挑戦します。
卵焼き作りを教わり、慎重におかずを
お弁当箱に詰めていきます。
それから、朝ごはんを食べるため
皆で食卓を囲んでいると、何気ない
お母さんの提案から、お父さんとの間に
不穏な空気が流れ始め…
初夏の平日の朝を舞台に、
家族における絆とは何か
という本質を考える物語。

<絵本のイメージから団地を舞台に>

作品の出発点となったのは、「はじめてのお
つかい
」(福音館書店/筒井頼子作)という
一冊の絵本でした。           
そこには、初めてのお使いのドキドキ感が少
女の視点で活き活きと描かれていて、短いな
がら多くのことが描かれていました。   
しかし、絵本でこそ成立するスタイルを実写
で表現していくことは難しいと判断し、舞台
を団地にし、物語やテーマも大人の鑑賞に堪
えられるものへと変わり、「娘が想いを込め
たお弁当作り」を軸にすることにしました。
そして、最後に娘の目的は果たされますが、
その為に取った娘の行動が、まるで水面に投
げた石の波紋が広がっていくように、それぞ
れの心にさざなみを起こして行くのです。そ
れが何を意味するのか、登場人物たちやひょ
っとしたら観ている我々も咀嚼する時間が必
要なのかも知れません。         


<リアルな出演者たち>

主演を演じた女の子は当時ロケ地の近所に住
んでいた子供で、妹役の子と共に実際の姉妹
をそのまま役に起用。まるでドキュメンタリ
ー的なリアリティを与えてくれています。 
そして、その現実感に合わせるかのように、
お父さん役も自主映画のスタッフ(役者もさ
れていましたが)で出会った丸島健さんに出
演して頂きました。お母さん役を演じた増田
陽子さんは、私が通った大学の演劇サークル
の出身で、卒業後も舞台女優として活動して
いたところをお願いし、役同様に4人のキャ
ラクターの要として出演しています。また、
劇中に流れるラジオの声の出演として、俳優
や声優として活躍中の竹尾一真さんが出演。
増田さんと同じ大学のサークルに在籍してい
た縁で学生映画時代から引き続き参加して頂
いてます。               


<フィルム撮影への回帰>

撮影をするなら今後の経験の為にフィルムで
1本撮っておきたいと思ったのが始まりでし
た。フィルムは当然ながら現像所に持ち込み
現像しなければ写っているのかどうか分かり
ません。また、撮り直しが効かないメディア
なので、ワンカットの撮影が現場の緊張感を
否が応でも高めます。予算ギリギリの中で、
計算に計算を重ねることで、作品の質を押し
上げる事を期待している部分もありますが、
何より現像から上がって来た画の説得力が半
端なく魅力的で、こちららのイメージを十二
分に表現してくれます。勿論、デジタルカメ
ラの映像ならではの美しさへの理解もありま
すが、フィルムでしか表現できない映像の世
界観を前提に、短編を作ってみたいと考えた
のです。                
ただ、学生時代に8mmフィルム(カセット
式のリバーサルフィルム)の経験があっても
16mmフィルム(ネガフィルム)の撮影は
初めてであったこともあり、技術的や資金面
でも想像以上に苦労した事を憶えています。
また、団地の一室を借り切って撮影に臨んだ
のですが、”朝のひととき”という設定上、わ
ずか5時間しか撮影ができないという事もあ
り、通常の倍以上である14日をかけてクラ
ンクアップしました。          


<完成後の展開>

完成された後は、様々な映画祭や上映会など
で上映され、第1回小田原映画祭に出品した
際には、脚本家の山田太一氏が審査委員長を
務めるショートフィルム部門でグランプリを
獲得。それから16年の時を経て、現像所にネ
ガフィルムを持ち込み、画面サイズをHD化
する為にデジタルマスターを作り、テーマを
より明確化するよう再編集し、まるで新作の
ように生まれ変わりました。       

<キャスト>

掛江佑奈
掛江那帆
増田陽子
丸島健

(声の出演)
竹尾一真
鈴木ゆかり
石出裕輔


<スタッフ>

  脚本:石出裕輔
  撮影監督:良知暁   
  音声:上田洋 
  美術:中桐崇文
   記録:中澤さやか
  編集:石出裕輔
  音楽:野本昌嗣
撮影助手:増田佳恵
     伊坂沙和
照明助手:上杉直子
     撮影応援:多田正悟     
     森本智典
     小玉健太
     田中文枝
  監督/製作:石出裕輔   

フィルム:KODAK VISION2 250D
現像:東映ラボテック
カラー:東京現像所

2004年・2020年 / 16mm / 18min / STEREO