<物語>

東京は下町。台東区。
何でも昭和の始めから続く風呂屋があって、
そこには無口で頑固で酒飲みな御主人と、
どういう訳か、その御主人とは
釣り合わないほどの美人な奥さんが居て、
二人で銭湯を切り盛りしていたが、
ここに来て予てから御主人の酒癖が祟り、
奥さんが出て行ってしまう。
これに懲りて直るどころか
さらに酒浸りな御主人。
見兼ねた近所のお節介な友人たちが
訪ねてきて、仲直りの指南をするが…
男と女。夫と妻。
切るに切れない腐れ縁を描く人情噺。

<下町の銭湯の物語>

性懲りも無く酒を呷る駄目な亭主と、愛想も
小想も尽き果てかけた女房との間に、夫婦の
試練が立ちはだかります。それでも夫婦を続
けられる最後の砦とは何か、と。     
また、歳を重ねても我儘で不器用な男たちの
主張は、助言をしているようでいても、その
行間から人生の哀愁を感じさせます。   
作品を作る上で参考にしたのは古典落語の世
界です。その中でも夫婦の仲を扱った噺は幾
つかあり、どのようにして離縁せず折り合い
を付けて行くのか、面白可笑しく語られてい
ます。脚本をお願いした市村さんからは、喧
嘩して奧さんが出て行ってしまう話はどうか
という提案があり、まさに挑戦したいコンセ
プトにぴったりで、無口で頑固な御主人に、
結末を左右する美しい女房と、人は悪くない
がお節介な友人たちによる会話劇という構図
が出来上がって行きました。       


<味わいある出演者たち>

主役の銭湯の主人を演じるのは、勤めていた
職場で知り合って意気投合し、初めての映画
出演に挑んだ稲毛弘隆さん。ご本人は浅草で
育ったという事もあり、いきなりの出演にも
関わらず映像に違和感なく馴染み、最後まで
全力で演じ切って頂いたのですが、2020
年2月に病により急逝。折しも荒編集がひと
段落し、映像を確認した直後のことでした。
主人公の妻役を演じるのは、劇場公開映画な
どの主演を務める活躍に留まらず、シンガー
ソングライターとしても活動しているみやび
さん。その他に、昭和から平成にかけて、数
々の名作映画で脇を支え続けた村添豊徳さん
が銭湯に入り浸る役として出演。また、薬局
に勤める銭湯の御主人の友人役として、映画
やドラマに舞台、CM等のジャンルをまたい
で活躍中の坪内悟さん。主演の稲毛さん同様
に、同じ職場で出演を依頼し、快諾して頂い
た橋本智子さんは、銭湯のお手伝いさんの役
(御主人の従兄妹という裏設定)で出演して
います。                


<17年の時を経て制作>

「ユウナとちいさなおべんとう」から17年の
ブランクを経て、短編連作集の2作目として
制作したのですが、それには二つの理由があ
りました。ひとつには、フィルム撮影は高額
な制作資金が必要で、持続可能な制作体制を
整備するのに時間が掛かったこと。それは束
縛されることなく、オリジナルのストーリー
に、自由な表現方法で作品を作る事ができる
自主制作ならではの恩恵に預かる為という事
に繋がります。ふたつめは、魅力ある世界を
構築する期間が必要だったからです。簡単に
言えば、己の未熟さゆえに、次に撮りたい作
品が思い浮かばなかったのです。それまでは
他の企画に参加し、経験を積ませて頂きまし
たが、時を経て行くうちに様々な御縁に支え
られ、埋もれかけていた連作企画を再び始動
させようと思うようになって行きました。 
そのような事があり、今回から Éclair フィル
ムカメラをイギリスから入手し、 Angineux
の 10mm単焦点レンズから 12.5mm−75mm
までカバーするズームレンズを取付け、台東
区や荒川区の情緒豊かな銭湯や、都内唯一の
路面電車などで撮影する事になったのです。
ただ、この17年という年月は現像所の閉鎖
の波が押し寄せた時期でもあり、東京近郊に
4つあった大きな現像所のうち、東京現像所
を残すのみになってしまいましたし、日本が
誇る富士フィルムも映画用フィルムの製造か
ら撤退してしまった期間だったのです。  

<キャスト>

稲毛弘隆
みやび
村添豊徳
坪内悟
橋本智子


<スタッフ>

  脚本:市村政晃
撮影監督:松下茂 
  音声:八木武志
    田山滋
  編集:石出裕輔
   衣装:名取みやび
  美術:石出裕輔
 監督補:根岸摩耶
撮影助手:堀越桐郎
スチール:飯野歩 
撮影応援:露木栄司
    松田彰
    阿部崇
    石出亮
     石出実希
     中桐崇文
      監督:石出裕輔    

フィルム:KODAK VISION3 500T
現像・カラー:東京現像所
製作協力:Studio AGIRA

2021年 / 16mm / 19min / STEREO