<物語>
東京は下町。台東区。
何でも昭和の始めから続く風呂屋があって、
そこには無口で頑固で酒飲みな御主人と、
どういう訳か、その御主人とは
釣り合わない美人な奥さんが居て、
二人で銭湯を切り盛りしていたが、
ここに来て予てから御主人の酒癖が祟り、
奥さんが出て行ってしまう。
これに懲りて直るどころか
さらに酒浸りな御主人。
見兼ねた近所のお節介な友人たちが
訪ねてきて、仲直りの指南をするが…
男と女。夫と妻。
切るに切れない腐れ縁を
ユーモアを交えて描く人情噺。

<解説>
「ユウナとちいさなおべんとう」から17年
のブランクを経て、短編連作集の2作目と
して製作されました。         
今回は海外で入手したÉclair社製の16mm
フィルムカメラと、Angenieux製のオール
ドレンズを使用し、東京は台東区・荒川区
の情緒豊かな古い銭湯や、都内唯一の路面
電車などで撮影を敢行しました。    
キャストとスタッフの半分近くは、映画制
作は未経験者の職場の人たちに声をかけ、
「ユウナとちいさなおべんとう」同様に、
手弁当感のある体制で和気藹々と制作され
ました。               

<キャスト>
稲毛弘隆
みやび
村添豊徳
坪内悟
橋本智子
.
<スタッフ>
  脚本:市村政晃
撮影監督:松下茂 
  音声:八木武志
    田山滋
   衣装:名取みやび
 監督補:根岸摩耶
撮影助手:堀越桐郎
スチール:飯野歩 
製作応援:露木栄司
    松田彰
    阿部崇
    石出亮
     石出実希
     中桐崇文
監督・編集・製作:石出裕輔    
.
フィルム:KODAK VISION3 500T
現像・カラー:東京現像所
製作協力:Studio AGIRA
.
2021年 / 16mm / 19min / STEREO